脱毛ラボの施術がほとんど痛みを感じない理由とは

女性にとって日頃からのムダ毛の払拭は美の基本とも言うべきものです。特に春先から夏場に向けて半袖やノースリーブ、ショートパンツやミニスカートといったファッションをはきこなそうと考えている人にとっては、腕や脚の入念なケアが必要となります。さらにプールやビーチで水着姿を披露する機会のある人は、全身に至るこまめなチェックが必要でしょう。そんな脱毛ケアを行うにあたって脱毛ラボはまさに打ってつけの脱毛エステと言えるでしょう。

 

多くの人が脱毛ラボを支持するのには理由があります。その中でも大きな柱となるものには「施術中の痛みの少なさ」が挙げられるでしょう。そもそも脱毛ラボではレーザーやフラッシュ、それにニードルとも違う独自の施術法を展開しています。それがジェルを用いたS.S.C脱毛というものです。まずは脱毛したい部位にジェルを隈無く塗った上でしばらく待っていると、その成分が毛穴から徐々に浸透していき、その奥底にある毛根へと到達します。さらに肌の上から特殊な光を照射することで、肌の内部のジェルがさらに活発に作用して、毛根に対してダメージを与えることとなります。このようにして毛母細胞を弱らせることで、やがてムダ毛が毛穴から自ずと抜け落ちていくのを促します。つまり、脱毛ラボで採用している施術法はレーザーやフラッシュのようにメラニン色素を破壊するというものではなく、それゆえ施術中に毛根が弾けて痛みが生じるということも無いのです。

 

しかしながら、この施術においても痛みに敏感な人はこの僅かな刺激に絶えきれなくなることもあるかもしれません。脱毛ラボではそういった場合にも柔軟に対応すべく、脱毛部分をこまめに冷やしたり、または沈痛クリームを塗って痛みを散らすといった対応も行っています。こうした二重、三重の対応ゆえに、施術に痛みを最小限に抑えることができているのです。